見る

五六神王計画トップへ

秤のカード─司法天ヴァルナ

顔アイコン
★神通力
チャート


公正なる審判者
要素/霊格水部1神 剪天秤
キーナンバー5:絶対天則の「基則」
イシェド[力の本質]
イシェド[キーアイテム]
紋章名剪天秤
カードの意味事を秤る。裁を下す。
このカードは、情よりも法に従い、自分の責務を果たすことで世が平穏になることを示します。
現在の運勢は可もなく不可もなくといったところ。
ひとりひとりが責任感と義務感を強くもち、客観的な判断ができれば、そのぶん世界が乱れることは減っていきます。
複数の事柄を同時進行で行うこと、情を捨て判決を下す冷酷さも示します。
今日のひとこと公正なる裁きを


秤のカード─司法天ヴァルナ
絵師■ゆぐ
司法天ヴァルナ
所属光(天界)
地位法官
派閥至高派
居城斥厳宮(巌崖城)
神意を問う天の秤、因果律の絶対預言者よ
お言葉
第一項 基則の意図
絶対天則は5項を以て基則と為す。本官の口咽筆致を以て因果律を体現せしめ、世界に正義と法を審らかにせんとす。本則は光と闇の意志に拠りてこれを曰べ、私怨私憤、公議輿論一切の関与無きことを申し述べる。
第二項 基則の範囲 本官の責務は裁である。人、会、公の持てる権益を犯す者を罪とし、相応の罰を与える。絶対天則は、世界において、基則第三項から第五項に掲げる法益を犯す者すべてに適用される。
第三項 人の権益
神または人間に類する知的生命体を人と曰う。人の持つ権益は、体、心、財。体とは生命と身体を保つ事。心とは思想、秘密、名誉を維ぐ事。財とは金銭資財を蔵する事。これらを犯す事は罪に当る。
第四項 会の権益
一塊の人が権益を共にするものを会と曰う。城、邑、圏、国はこれである。会の持つ権益は、存、用、他。存とは会の防衛。此に対する罪は内乱、敵対である。用とは会の作用。此に対する罪は離反、偽証、背任である。他とは他会の権益である。これらを犯す者は罪に当る。
第五項 公の権益
人、会が共和し共存する時空間を公と曰う。公の権益は、和、商、俗。和とは平穏と秩序、商とは取引と通行、俗とは礼法、これらを犯す事は罪に当る。
CV■TAK
 再生ボタンをクリックして声を聞くことができます。

神々の声を聞く札占って何?ブログパーツ

スタッフ制作者メニュー

トップにもどる