見る

五六神王計画トップへ

琴のカード─楽神ガンダルヴァ

顔アイコン
★神通力
チャート


境界の音
要素/霊格空部2神 至弦紋
キーナンバー9:三期を二度経験する「魂の循環」
イシェド[力の本質]
イシェド[キーアイテム]
紋章名至弦紋
カードの意味琴を響かす。境界をひく。
このカードは、とても安定し調和したよい状態であることを示します。
ものごとは明確に線引きされ定義され、上下の人々は己の分を守り、意思統一ができ協力や理解が得られて和合しています。
安心しすぎると気が緩んで運気が下がります。平時にあって乱を忘れないよう注意が必要です。また、組織内であまり調和しすぎると、外との断絶が発生し、暴走して抑制できなくなる可能性があります。
今日のひとこと癒しの音


琴のカード─楽神ガンダルヴァ
原案■玉英・八起/線画・彩色■倉沢 翌
楽神ガンダルヴァ
所属光(天界)
地位楽師
派閥四友
居城芳曲宮
神意を問う境界の彼方から此方へ、至弦なる音響く
お言葉
9という数字は、3を2回掛けた数。現在、過去、未来すなわち三期を二度経験すること、これは魂の循環、そのものよ。
私のイシェド「琴」は弦楽器の総称。私が特に好んで使うのは、翼琴という、鳥が翼を広げたような形のもの。弦をふるえさせ奏でることによって、その音色は、地界ふかく、死者の終の宿・闇黒界にまで届く。
私の琴は単に耳に快い、美しい旋律を奏でるだけではないわ。私の力は、境界の力。境界をひく、あるいは境界をなくすことができる。魂魄が身体から離れたとき、人は命を失うけれど、まれに惑う者がいる。さかいめで琴を奏で聞かせると、さまよえる亡者の魂を慰め、閻羅王ヤマのもとへと導くことができる、これも私の大事なつとめのひとつ。
境界とは、魂の境界。あるいは精神の境界、肉体の境界、気流の境界......境界をつくり、境界を意識すると、それを手がかりにして魂は目にみえないものを「そこにある」と感じる。有るか無いか、一つか二つか、近いか遠いか、届くか届かないか、生きているか死んでいるか......すべては、境界の設定次第。
私はカラヴィンカと同じく音を扱う神だけれど、彼女と違って空部に属している。それは、音のもつ性質にはふたつあるから。彼女の音は、伝承の音。伝え、受け継いでゆくもの。私の音は、衝撃の音。空間や魂の構成そのものに作用して、揺り動かしてゆく。
 再生ボタンをクリックして声を聞くことができます。

神々の声を聞く札占って何?ブログパーツ

スタッフ制作者メニュー

トップにもどる