見る

五六神王計画トップへ

玉のカード─造物天ヴィシュヴァカルマン

顔アイコン
★神通力
チャート


沈玉の匠
要素/霊格地部5神 七宝光輝
キーナンバー32:2の5乗「継続」「蓄積」
イシェド[力の本質]
イシェド[キーアイテム]
紋章名七宝光輝
カードの意味玉を磨く。術を使う。
このカードは、これまでの地道な努力が生かされ、時流に乗って大きく成長し実を結ぶことを示します。
昇進、玉の輿、作品の完成などを意味し、何事も順調に進みます。
上昇運ですから積極的に行動しましょう。目上の人に引き立ててもらうと吉です。小を積み重ねて大を成すよう着実に進みましょう。功を焦ると挫折します。
今日のひとこと無から有を生み出す力


玉のカード─造物天ヴィシュヴァカルマン
絵師■玉英
造物天ヴィシュヴァカルマン
所属光(天界)
地位
派閥至高派
居城填剋洞(万一匠)
神意を問う敬愛するわが師よ、末弟子が申し述べる。支障なくば拝聴願う
お言葉
32とは、2の5乗。トントンッと、ただひとつの原材をひたすらに打ち続ける槌音ぞ。
わしのイシェドは「玉」。髄石金材、いかなるものも、磨けば玉と成る。
よい原石の呼び声を聞き、その内にひとつきりの光輝を見いだし、彫り出すことこそわしの使命。語りかけぬ石を、意に背き、弄すことなど不可能じゃ。材には材の心がある。
知性体はすべて、創造をもってその生粋となす。妨げる者、破壊する者はこれ悪なり。貫くは善にして聖なるなり。
無から有を生み出すとはよく言うが、真に無から物を生むことはわしとて不可能。依挙頼訪の折は原材あるいは諸代価を持参せよ。必ず相応の品を返すこと、しかと約す。
CV■土方総司
 再生ボタンをクリックして声を聞くことができます。

神々の声を聞く札占って何?ブログパーツ

スタッフ制作者メニュー

トップにもどる