自分で占う



カードを見る


のカード
熱神アディティ

38
カードを見る[5]

絵師■玉英


「 38は、「かきまわす」ことをあらわす数字。3はふちにそってかきまわすこと、8はまんべんなくかきまわして全体を均すことを示します。 」


「 私のイシェドは「箸」ことに火箸であります。灼熱にたぎる炉の中に差し込んでかきまわし、その熱のひとかけらを熱いそのままで取り出し、己のものとする、そのための、モノです。 」


「 大輪の真っ赤な薔薇、これを貴方に差し上げよう。生命のもっとも艶やかで、熱く、美しい部分……私が貴方に抱く想い、私の情熱はこんな形をしている。これを、貴方に差し上げよう……。 」


「 もっと、欲しい。もっと、何度も。もっと、深く。もっともっと……欲望は限りなく、度し難いもの。しかし世界が神と人とを作ったならば、求める心もまた、因果律から生まれし、自然なものと言えますまいか。流されまいと抗うのでなく、身を委ねるのでなく、しっかりと覆い被さって、流れと一つになって、漏らさず受け止めること。それが生を愉しむということでしょう。 」


「 己を曝くことを望み、ありのままの己を見られ、受容されることを望む。これは生命の本性であって、羞じることでも、秘すべきことでもないでしょう。すべての虚飾の衣をはぎ取って、裸の己を世界に晒そうではないですか。 」



恋愛[1] | 金運[2] | 総合[3] | 未来[4]
札リストに戻る[9]
トップに戻る[0]
▼友達に教える
(c)1995-2008, 玉英・ZARASU.com
PCの方こちら