血液型と運命



カードを見る


のカード
楽神ガンダルヴァ

09
カードを見る[5]

原案■玉英・八起/線画・彩色■倉沢 翌


「 9という数字は、3を2回掛けた数。現在、過去、未来すなわち三期を二度経験すること、これは魂の循環、そのものよ。 」


「 私のイシェド「琴」は弦楽器の総称。私が特に好んで使うのは、翼琴という、鳥が翼を広げたような形のもの。弦をふるえさせ奏でることによって、その音色は、地界ふかく、死者の終の宿・闇黒界にまで届く。 」


「 私の琴は単に耳に快い、美しい旋律を奏でるだけではないわ。私の力は、境界の力。境界をひく、あるいは境界をなくすことができる。魂魄が身体から離れたとき、人は命を失うけれど、まれに惑う者がいる。さかいめで琴を奏で聞かせると、さまよえる亡者の魂を慰め、閻羅王ヤマのもとへと導くことができる、これも私の大事なつとめのひとつ。 」


「 境界とは、魂の境界。あるいは精神の境界、肉体の境界、気流の境界……境界をつくり、境界を意識すると、それを手がかりにして魂は目にみえないものを「そこにある」と感じる。有るか無いか、一つか二つか、近いか遠いか、届くか届かないか、生きているか死んでいるか……すべては、境界の設定次第。 」


「 私はカラヴィンカと同じく音を扱う神だけれど、彼女と違って空部に属している。それは、音のもつ性質にはふたつあるから。彼女の音は、伝承の音。伝え、受け継いでゆくもの。私の音は、衝撃の音。空間や魂の構成そのものに作用して、揺り動かしてゆく。 」



恋愛[1] | 金運[2] | 総合[3] | 未来[4]
札リストに戻る[9]
トップに戻る[0]
▼友達に教える
(c)1995-2008, 玉英・ZARASU.com
PCの方こちら